有効性

  1. ホーム
  2. 有効性

約8割の方は効果を実感

舌下免疫療法はアレルギーの原因物質に対するアレルギー反応そのものを改善し、根治療法となる可能性のある治療法です。くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった鼻炎の症状だけではなく、眼の症状や皮膚のかゆみにも効果が期待できます。3年以上継続治療をされた方の3割程度が症状の根治を得られ、8割程度の方は効果を実感できるといわれています(効果がない方も2割程度いらっしゃいます)。効果は早くて数週間で実感できます。

  • 3年以上継続治療をされた方の状態

    はい 83.7% いいえ 16.3% 無回答 3%

  • 44〜52週の治療で症状は半減

    アレルギー性鼻炎の症状の強さを示すスコア 治療開始から14日間の平均値 8.53% 投与開始から44〜52週 3.99%

薬の量を減らしたい方にもおすすめ

完全に症状が消失しなくても、使用する薬の量を減らすことができる可能性があります。

アレルギー反応が出にくい体質になる

舌下免疫療法を受けている方は(受けて終了した方も)、治療を受けていない方に比べ、今後別のアレルゲン(アレルギーの原因物質)に感作(新たにアレルギー反応を生じること)される確率が低くなります。

新規感作が起こりやすい小児の患者様に治療をお勧めしたい大きな理由です。

ダニ舌下免疫療法を行っていると、他のアレルゲン(スギ、ヒノキなど)に新たにアレルギー反応を示しにくくなります。

ダニ単独感作例における新規アレルゲン感作の割合

※SLIT=舌下免疫療法

再び症状が現れた時も、症状の改善が早い

舌下免疫療法を終了し、時間が経つとまた症状が出現する場合がありますが、その場合、舌下免疫療法を再開することで、以前よりも短期間で症状の改善が期待できます。

治療を一旦終了しても、再度治療を開始すれば、初回よりも早く効果が実感できます。(データはスギ舌下免疫療法のものですが、同じような効果が期待できると考えられます。)

舌下免疫療法開始15年経過における持続効果(海外データ)

※SLIT=舌下免疫療法